「オレオレ」より流行しているハガキを使った詐欺手口

まいじつ

freeangle / PIXTA(ピクスタ)
freeangle / PIXTA(ピクスタ)

ここ最近、“ハガキ”を使った詐欺が再び増えており、被害も拡大している。全国の消費生活センターなどには、架空請求に関する相談が相次いでおり、2017年度は約18万件と前年比2倍以上に急増した。《未納料金があるので、支払わないと控訴する》といった内容のハガキが届いたら注意が必要だ。 「送られてくるハガキには《民事訴訟管理センター》とか《未納訴訟最終通告書》などと書かれており、法律に関する言葉で不安をあおり、...

「「オレオレ」より流行しているハガキを使った詐欺手口」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会問題犯罪詐欺社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧