千葉雄大「高嶺の花」で脱ぎまくる“上半身”に入った予想外の指摘

アサジョ

千葉雄大「高嶺の花」で脱ぎまくる“上半身”に入った予想外の指摘

石原さとみ主演の連ドラ「高嶺の花」(日本テレビ系)。8月8日に放送された第5話では、視聴率が8.2%と前回の9.2%から1ポイント落としやや下降気味、苦戦を強いられている。そんな中で起爆剤として期待されているのが、千葉雄大演じる新興流派の華道家・宇都宮龍一の“色っぽいシーン”である。「千葉が演じる龍一は華道の新流派であることにコンプレックスを感じ、伝統ある月島派に手を伸ばすダークキャラ。手始めに家元の妻で...

「千葉雄大「高嶺の花」で脱ぎまくる“上半身”に入った予想外の指摘」のページです。デイリーニュースオンラインは、走れ!T校バスケット部戸田菜穂千葉雄大高嶺の花Instagramエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧