恐怖の数字「18」「88」がドイツでタブー視される驚きの理由

まいじつ

(C)Camila Paez / Shutterstock
(C)Camila Paez / Shutterstock

ドイツやアドルフ・ヒトラーの出身国オーストリアでは、公の場でナチスを礼賛すれば「民衆扇動罪」や「ナチ禁止法」に問われる。これ以外に、罪に問われることはないが、「ナチ・コード」(Nazi Code)というものが問題視されることもあるという。 ナチ・コードとして有名なのは「18」。ドイツ語のアルファベット順でアドルフの「A」は最初のアルファベットで、ヒトラーの「H」は8番目だから、「18」はアドルフ・ヒトラーを意...

「恐怖の数字「18」「88」がドイツでタブー視される驚きの理由」のページです。デイリーニュースオンラインは、ナチスオカルト都市伝説ドイツカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧