杉田水脈・LGBT問題をテレビ局が積極的に取り上げなかった理由

まいじつ

(C)lightsource / PIXTA(ピクスタ)
(C)lightsource / PIXTA(ピクスタ)

自民党の杉田水脈衆院議員が、月刊誌『新潮45』に寄稿した「LGBT支援の度が過ぎる」という意見。これについては当該者の「性的少数派」ばかりか、身内の自民党議員までも杉田議員への批判の声をあげた。 「LGBT」とは「Lesbian」(レズビアン=女性同性愛者)、「Gay」(ゲイ=男性同性愛者)、「Bisexual」(バイセクシュアル=両性愛者)、「Transgender」(トランスジェンダー=出生時に診断された性と自認する性の不一致)の頭文字...

「杉田水脈・LGBT問題をテレビ局が積極的に取り上げなかった理由」のページです。デイリーニュースオンラインは、杉田水脈LGBT社会問題社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧