まるで漆工芸のように昆虫標本を装飾する樋口明宏さんのアート作品に心惹かれる!

Japaaan

まるで漆工芸のように昆虫標本を装飾する樋口明宏さんのアート作品に心惹かれる!

日本では、昆虫は古くから重要なタンパク源として食糧としてきました。大正時代の調査では55種もの昆虫が食用として消費されていたそう。現代でもイナゴを佃煮などにして食べる地域は少ないですが存在します。 大正時代は50種以上もの昆虫を食べていた!?日本の昆虫食の歴史をたどると驚くべき実態が そんな昆虫と日本の伝統アートを融合させた、とてもユニークなアート作品がありましたので紹介します。紹介するのは、昆虫...

「まるで漆工芸のように昆虫標本を装飾する樋口明宏さんのアート作品に心惹かれる!」のページです。デイリーニュースオンラインは、樋口明宏昆虫カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧