血と死と殺し合い…ケガレにまみれて生きる武士たちが信心深い理由とは?

Japaaan

血と死と殺し合い…ケガレにまみれて生きる武士たちが信心深い理由とは?

「南無八幡大菩薩!」 戦場で最後に生死を分かつのは、人智の及ばぬ神の領域。 多く人を殺すが故に「武士は神をも恐れない」なんて、とんでもない誤解です。むしろ武士ほど神仏を畏れ、験(ゲン)を担ぐ商売もそうないのではないでしょうか。 神仏に見離されたら、死ぬからです。 鎌倉時代『蒙古襲来絵詞』より、竹崎季長。運を天に任せて突撃あるのみ。 その一方で、神仏は「ケガレ」を嫌います。 「ケガレ(穢れ・汚れ)」...

「血と死と殺し合い…ケガレにまみれて生きる武士たちが信心深い理由とは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、葉隠武士道サムライ侍・サムライ・武士江戸時代カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧