有村架純『中学聖日記』感動の最終回で超“凡ミス”の大失態!

まいじつ

有村架純『中学聖日記』感動の最終回で超“凡ミス”の大失態!

12月18日、ドラマ『中学聖日記』(TBS系)が最終回を迎えた。主演の有村架純と岡田健史が無事ハッピーエンドを迎える展開となったが、肝心なシーンで「凡ミス」が発覚。有村のミスか、スタッフのミスかは不明だが、最後の最後で視聴者から「ツッコミ」が入る珍展開となってしまった。 生徒の晶(岡田)と教師の聖(有村)が、周囲から猛反対を浴びながらも愛情を育んでいく同ドラマ。最終回では晶の母・愛子(夏川結衣)が、聖...

「有村架純『中学聖日記』感動の最終回で超“凡ミス”の大失態!」のページです。デイリーニュースオンラインは、中学聖日記有村架純エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧