「中国人じゃなくて良かった」恐るべき中国の『監視』社会システム

まいじつ

(C)Shuterstock.com
(C)Shuterstock.com

中国の悪名高き“社会信用システム”は、すでに国民生活を多分野にわたって制限している。独メディア・ドイチェベレ中国語電子版(3月4日付)は、《中国社会信用情報センターの記録では、中国当局は2018年、違法案件の当事者1750万人に対して国内外への旅行を制限し、航空券の購入を禁止した。また、他の550万人に対して高速鉄道や列車の利用を禁じた》と伝えている。 移動の自由がないのは地球上で中国と北朝鮮だけだろう。 「...

「「中国人じゃなくて良かった」恐るべき中国の『監視』社会システム」のページです。デイリーニュースオンラインは、監視社会中国海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧