全身の再生を司る遺伝子を制御するDNAのスイッチが発見される(米研究)

カラパイア

全身の再生を司る遺伝子を制御するDNAのスイッチが発見される(米研究)
全身の再生を司る遺伝子を制御するDNAのスイッチが発見される(米研究)

photo by pixabay 人類はいつの日か、失った手足を再生してしまう能力を手に入れるかもしれない。 ハーバード大学の研究者によって、全身の再生を司る遺伝子を制御するスイッチが発見されたのだ。 今回判明したのは、無腸動物類の非コードDNAが、初期増殖応答(EGR)のスイッチとなる「マスターコントロール遺伝子」の発動を制御しているということだ。・マスターウイッチは意味がないと思われた非コードDNA 非コードDNAは...

「全身の再生を司る遺伝子を制御するDNAのスイッチが発見される(米研究)」のページです。デイリーニュースオンラインは、海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧