田中将大の「スプリット」に佐々木の「フォーク」!プロ野球伝説の“魔球”たち

日刊大衆

画像はイメージです
画像はイメージです

プロ野球の醍醐味と言えば、どこまでも飛んでいくような打球、ロケットのような速球、そして、凄まじい変化を見せる“魔球”。今回は名チームの名選手が繰り出した“魔球”を紹介したい。 ■「速球並みのスピードで急落!」田中将大のスプリット  田中将大(現ヤンキース・2007〜)。当時ソフトバンクのファルケンボーグのそれを参考に、独学でスプリットを習得。実戦投入した11年には、前年の119から241へと奪三振を...

「田中将大の「スプリット」に佐々木の「フォーク」!プロ野球伝説の“魔球”たち」のページです。デイリーニュースオンラインは、佐々木主浩田中将大プロ野球スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧