品川区大井にある大井蔵王権現神社を調べてみたら面白い言い伝えを見つけた

心に残る家族葬

品川区大井にある大井蔵王権現神社を調べてみたら面白い言い伝えを見つけた

JR京浜東北線・東京臨海高速鉄道りんかい線大井町(おおいまち)駅中央口を出て、立会(たちあい)道路沿いのビルの谷間に、実に小さな神社がある。祭神は金山毘古(かなやまひこ)神・金山毘賣(かなやまひめ)神・建速須佐男命(たけはやすさのおのみこと)である、大井蔵王権現神社だ。平成3(1991)年から始まった「荏原(えばら)七福神巡り」のうちの福禄寿(ふくろくじゅ)を祀ってもいる。 ■大井蔵王権現神社の創建時期...

「品川区大井にある大井蔵王権現神社を調べてみたら面白い言い伝えを見つけた」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧