アメリカ国防総省、極秘計画でUFOの調査を行っていたことをついに認める

カラパイア

アメリカ国防総省、極秘計画でUFOの調査を行っていたことをついに認める
アメリカ国防総省、極秘計画でUFOの調査を行っていたことをついに認める

Reinhold Silbermann / Pixabay アメリカ国防総省(通称ペンタゴン)の報道官が「未確認大気現象(UAP :unidentified aerial phenomena)」に触れながら、UFOの調査を行っていたことを認めたそうだ。 それは「高度航空宇宙脅威識別プログラム(Advanced Aerospace Threat Identification Program)」の一環として行われたもの。 同プログラム自体は2012年に終了していたのだが、ペンタゴンはその後も引き続きUFOの目撃情報...

「アメリカ国防総省、極秘計画でUFOの調査を行っていたことをついに認める」のページです。デイリーニュースオンラインは、ネットなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧