ゲスの極み!鬼畜の所業!平貞盛が自分の孫を殺そうとした理由がエゴすぎる【中編】

Japaaan

ゲスの極み!鬼畜の所業!平貞盛が自分の孫を殺そうとした理由がエゴすぎる【中編】

前回のあらすじ 前回の記事はこちら ゲスの極み!鬼畜の所業!平貞盛が自分の孫を殺そうとした理由がエゴすぎる【上編】 丹波の国司・平貞盛(たいらの さだもり)は不治の病を患い、その特効薬として胎児の肝臓である「児干(じかん)」を求めます。 息子・左衛門尉(さゑもんのじょう)の妻が妊娠していると聞いた貞盛は、さっそく妻子の命を差し出すよう、家来の判官代(ほうがんだい)とグルになって脅迫するのでした。 ...

「ゲスの極み!鬼畜の所業!平貞盛が自分の孫を殺そうとした理由がエゴすぎる【中編】」のページです。デイリーニュースオンラインは、平貞盛今昔物語集平安時代カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧