「第66回夏の甲子園」KKコンビに挑んだ「もう1つの金農旋風」

アサ芸プラス

「第66回夏の甲子園」KKコンビに挑んだ「もう1つの金農旋風」

アナタは“金農旋風”をご存知だろうか?といっても、吉田輝星(北海道日本ハム)を擁して昨年夏に甲子園準優勝に輝いた金足農(秋田)のことではない。今から35年前に“もう一つの金農旋風”があったのだ。 1984年第66回夏の選手権準決勝。前年夏の覇者・PL学園(大阪)が追いつめられていた。桑田真澄&清原和博(ともに元・読売など)の“KKコンビ”が2年生だった時のチームである。試合は7回を終わって1‐2とPLが1点のビハインド...

「「第66回夏の甲子園」KKコンビに挑んだ「もう1つの金農旋風」」のページです。デイリーニュースオンラインは、金足農PL学園桑田真澄甲子園清原和博エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧