死亡危険因子別の死亡数で喫煙、高血圧に次いで第3位となったのは?

心に残る家族葬

死亡危険因子別の死亡数で喫煙、高血圧に次いで第3位となったのは?

敬老の日を前に発表された厚生労働省の調査によれば、今年の9月15日現在の100歳以上の高齢者は7万1238人(内女性6万2775人)と初めて7万人を超え、49年連続で増加した。老人福祉法が制定された1963年には100歳以上の人は僅か153人だった。女性の最高齢は116歳で男性の最高齢は112歳である。厚生労働省は「医療技術の進歩や健康増進など複合的な要因が考えられる。」と分析している。人間の...

「死亡危険因子別の死亡数で喫煙、高血圧に次いで第3位となったのは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧