直木賞作家も舌を巻く『十二国記』のスゴさ

新刊JP

直木賞作家も舌を巻く『十二国記』のスゴさ
直木賞作家も舌を巻く『十二国記』のスゴさ

出版界の最重要人物にフォーカスする「ベストセラーズインタビュー」。 第107回の今回は『ツナグ 想い人の心得』(新潮社刊)を刊行した辻村深月さんが登場してくれました。 辻村さんの『ツナグ』といえばシリーズ累計100万部に達した大ベストセラー。依頼人と依頼人が会いたい死者を再会させる「ツナグ」という役割を担う歩美の葛藤と成長、そして死者と生者を巡るドラマを描き、2012年に映画化もされました。 その続編とな...

「直木賞作家も舌を巻く『十二国記』のスゴさ」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧