「俺専用のナッツを用意しろ」連続窃盗犯のリスとの交渉に応じた店主、その結末は?(イギリス)

カラパイア

「俺専用のナッツを用意しろ」連続窃盗犯のリスとの交渉に応じた店主、その結末は?(イギリス)
「俺専用のナッツを用意しろ」連続窃盗犯のリスとの交渉に応じた店主、その結末は?(イギリス)

image credit:instagram リスといえばナッツ、ナッツといえばリスと連想される程度にナッツに目が無いリス。 海外などではリスが民家に侵入し、窃盗行為を働く姿がとらえられているが、イギリスのあるお店でも、リスの窃盗被害に悩んでいた。 ある日のこと、その店に堂々と現れたのは、地元では名の知れたリスのバートン。彼こそが店の商品を奪い取っていく窃盗犯だったのだ。 どうやら彼は店主にある取引を持ち掛けたらし...

「「俺専用のナッツを用意しろ」連続窃盗犯のリスとの交渉に応じた店主、その結末は?(イギリス)」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧