北極海の海の底でクラミジアの近縁種を発見(スウェーデン・オランダ共同研究)

カラパイア

北極海の海の底でクラミジアの近縁種を発見(スウェーデン・オランダ共同研究)
北極海の海の底でクラミジアの近縁種を発見(スウェーデン・オランダ共同研究)

凍てつく北極海の極限環境で、宿主を必要としないクラミジアの新種が発見されたそうだ。 クラミジアは寄生性の細菌で、そのうちの1つ、クラミジア・トラコマチスは性感染症を引き起こすことで知られている。・深海の極限環境で発見された新種の細菌 人の性病としてはもっとも一般的なクラミジア感染症は、「クラミジア・トラコマチス」が感染することで生じる。 この仲間はクラミジア門という大きな細菌グループを構成してい...

「北極海の海の底でクラミジアの近縁種を発見(スウェーデン・オランダ共同研究)」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧