ひと晩に30人を殺害…リアル『八つ墓村』の現場に行ってみた

デイリーニュースオンライン

都井睦雄はどんな思いでここを駆け抜けたのか
都井睦雄はどんな思いでここを駆け抜けたのか

事件から70年以上が過ぎたにもかかわらず、未だ頻繁に語られる事件がある。それが「津山30人殺し」だ。  1938年5月21日、岡山県で発生した日本犯罪史上、最大の大量殺人事件だ。  犯人は当時21歳の都井睦雄青年。被害者の数はもちろんだが、犯行の際の「学生服に軍用ゲートルを巻き、鉢巻で懐中電灯を2本頭に括りつけ、日本刀と散弾銃で武装」という姿がとても恐ろしい事件だった。  横溝正史の『八つ墓村』のモデルにな...

「ひと晩に30人を殺害…リアル『八つ墓村』の現場に行ってみた」のページです。デイリーニュースオンラインは、やってみた殺人事件カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧