性同一性障害に悩む幹部自衛官「女性用下着で勤務したい」

デイリーニュースオンライン

22万人組織は社会の縮図だ(写真はイメージです)
22万人組織は社会の縮図だ(写真はイメージです)

高視聴率を誇ったドラマ、日曜劇場『ごめんね青春!』(TBS、宮藤官九郎脚本)では、性同一性障害の男子高校生が女子の制服を着用するというストーリーも含まれていた。いまやこの性同一性障害は私たちにとってもごく身近な話題として認識されつつある。  全国に隊員数約22万人を擁する防衛省・自衛隊でも話は同じだ。隊員数が多い自衛隊だからこそ性同一性障害に悩む者がいてもさほど不思議なことではない。だがそれを打ち明...

「性同一性障害に悩む幹部自衛官「女性用下着で勤務したい」」のページです。デイリーニュースオンラインは、LGBT自衛隊社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧