5年で10%超カットも… 給料激減で地方公務員が生活破たんか

デイリーニュースオンライン

「安定神話」は崩壊している(写真はイメージです)
「安定神話」は崩壊している(写真はイメージです)

「就職できれば一生安泰」──そんな風にいわれた公務員だが、今や昔のことのようだ。地方公務員の給与が、ここ10年ほどの間で激減しているのだ。  2013年(平成25年)の地方公務員給与実態調査によると、一般行政職の平均年収は633万8000円(勤続22.1年)で、5年前と比べて47万2000円も減っている。さらに10年前と比べると78万5000円も減っているのだ。  警察職では、平均年収732万1000円(勤続20.1年)で、5年前の81万8000...

注目記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧