和歌山男児殺害事件につぐトラブル…高野山密教が分裂危機

デイリーニュースオンライン

節目の年に重大な局面を迎える高野山
節目の年に重大な局面を迎える高野山

弘法大師・空海が開いた高野山は、今年、開創1200年を迎え、4月2日には記念大法会が始まる。  そうした行事に水を差すように、高野山密教の権威だった高野山大学教授の息子・中村桜洲容疑者が(22)が、和歌山県紀の川市に住む小学5年生男児を殺害していた疑いで逮捕された。  数々の宗教学を収めた宗教学者でも、息子の「心の闇」は解くことが出来なかった。理論と実践は別とはいえ、次期学長と目されていた人だけに高野...

「和歌山男児殺害事件につぐトラブル…高野山密教が分裂危機」のページです。デイリーニュースオンラインは、宗教犯罪社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧