女子大生にセクハラし放題…ヒドすぎる“ブラック教授”の実態

デイリーニュースオンライン

ブラック教授という存在が明るみに……
ブラック教授という存在が明るみに……

大学や大学院という最高学府の教員たちの“ブラック化”が著しいようだ。  東京郊外の中堅私立大学で法学部準教授を勤める芳川賢太郎氏(仮名・40歳)は、自らを“ブラック教授”だと語る。実際、芳川先生の勤務ぶりは一般のサラリーマンではおよそ認められることのない杜撰さが目立つ。  講義はネットのコピペを配り、ただ読むだけ。学会発表と称し目いっぱい、休講する。学内の会議は何だかんだ理由をつけてすっぽかす。学生...

「女子大生にセクハラし放題…ヒドすぎる“ブラック教授”の実態」のページです。デイリーニュースオンラインは、学校セクハラブラック企業社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧