FIFA汚職の次は中国・習近平政権…アメリカ司法当局が狙う汚職情報で米中対立激化

デイリーニュースオンライン

すでに汚職情報はアメリカ当局に渡っている模様
すでに汚職情報はアメリカ当局に渡っている模様

習近平政権下で推し進められる中国の官僚腐敗摘発の中心人物、王岐山(中央規律検査委員会書記)をアメリカが汚職の疑いでターゲットにし始めたという驚くべき情報が飛び込んできた。  王に関して筆者は近々、米国に逃亡した胡錦濤・元国家主席の側近、令計画の弟、令完成を追って訪米することを記した。王が令完成を追う理由は、機密情報の漏洩だ。習近平関連の汚職記録が令完成によりアメリカに密かに持ち出されてしまい、...

「FIFA汚職の次は中国・習近平政権…アメリカ司法当局が狙う汚職情報で米中対立激化」のページです。デイリーニュースオンラインは、習近平政治中国アメリカ社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧