“ウナギ味のナマズ”養殖に成功…近畿大学が日本の食卓を救う!?

デイリーニュースオンライン

近畿大学水産経済学研究室の有路昌彦准教授
近畿大学水産経済学研究室の有路昌彦准教授

「世界の生産量の約8割を日本人が食べる」と言われるウナギ。しかし近年は日本のみならず世界中でウナギの漁獲量が減少し、ニホンウナギはついに絶滅危惧種指定を受けてしまった。日本人がウナギという種を食い尽くしてしまったようだ。  そもそもウナギはほぼ養殖され食卓へのぼる。しかしウナギの稚魚の「シラスウナギ」自体の人工ふ化、養殖技術は確立されていないため、天然のシラスウナギを養殖するという方法が取られて...

「“ウナギ味のナマズ”養殖に成功…近畿大学が日本の食卓を救う!?」のページです。デイリーニュースオンラインは、ベンチャービジネスグルメ連載などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧