パートナーは大丈夫?たった2つの質問で分かるお金の考え方 (1/2ページ)

Woman Money

パートナーは大丈夫?たった2つの質問で分かるお金の考え方

http://www.shutterstock.com/

今お付き合いしている恋人がいて今後結婚しようかと考えている人、または既に結婚していてお財布を管理してもらっている人などなど、あなたはパートナーがお金に対してどのように考えているのか気にしたことがありますか?

今回はファイナンシャルプランナーである筆者が、たった2つの質問で分かるその人のお金に対する考え方をお伝えいたします。

■Q1:“これぐらいあれば大丈夫”と思える貯金額は?

まずは、パートナーにとって安心できる貯蓄額を聞いてみましょう。ここでは、“どんな状況の時に”といった詳細は説明しません。もしそれを言ってしまうと、それに見合った金額しか返ってこないからです。

例えば、“結婚式を挙げるのにこれぐらいあれば大丈夫”と“子どもを育てるのにこれぐらいあれば大丈夫”では、かなりの差が予想できますよね。どんな状況の時に安心できるのかはパートナーの想像力に任せましょう。

■Q2:その金額を答えた具体的な理由は?

ここでパートナーがどんな状況を想定していたのかが分かります。また、お金に対する考え方もかなり見えてくるのではないでしょうか。

■A1:計画性を確認しましょう。

Q1で仮にパートナーが「1億円」と答えたとしましょう。もしパートナーの年収が200万円で貯金額が0円であれば、自分の身の丈にあっていない答えになっているような気がしますよね。良く言えば、夢を大きく持つ人ですが、悪く言えば、ビッグマウスの人になりかねません。

■A2:お金をどう使う人なのかが分かります。

Q1の答えよりも、こちらの方が重要です。私たちがお金を使う時、それは大きく3つに分類できます。“浪費”・“消費”・“投資”です。パートナーが一体どのタイプなのか見極めてみましょう。

例えば、「だって1億円あったら何年かは遊び倒せるから」と答えたのであれば“浪費”タイプです。将来的に苦労しそうな気がしますね。

「だって、もし働けなくなっても当分の間は生活の心配がいらないから」と答えたのであれば“消費”タイプです。

「パートナーは大丈夫?たった2つの質問で分かるお金の考え方」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧