投資デビューを目指す人が知っておきたい2つのコト (1/2ページ)

Woman Money

投資デビューを目指す人が知っておきたい2つのコト

http://www.shutterstock.com/

「昨年末のボーナス、何に使おっかな?」と消費に意識が向いてしまっている人もいるかとは思いますが、なかには「このボーナスで念願の投資デビューをするぞ!」と意気込んでいる人もいるのではないでしょうか。今回は投資デビューを目指している人が最初に知っておきたい大事なコトを2つお伝えいたします。

■「プロに聞いてみよう!」は危険?

ある日、あなたは投資をしようと思い立ちます。しかし、今までそういったお金の勉強をしたことがないので、どの商品にしようか迷ってしまいます。そして「分からない時はプロに聞けばいいんだ」と思い、証券会社へ足を運び窓口のお姉さんに「あなたのオススメはどれですか?」と聞いてそのまま契約したのでした。

ありがちな行動かもしれませんが、残念ながらその相談ではカモにされるだけのことが多いようです。というのも、あなたがプロだと思い込んで話している窓口の人は“投資のプロ”ではないからです。

確かに証券会社にはファンドマネージャーと呼ばれるような投資のプロが所属していますが、窓口で商品説明をしている人はあくまで“販売員”なのです。その人があなたからお金を預かり運用してくれるわけではないのです。つまり、あなたが投資のプロだと思って相談している相手は、接客のプロまたは販売のプロなのです。

証券会社で相談したい時には、“何年後には何%ぐらいのリターンが欲しい”とか“投資対象は2020年東京オリンピックに向けたものがいい”など自分なりの意見というものを必ず用意しておいてください。

レストランでウェイターに「オススメで!」とオーダーし、甲殻類アレルギーなのにエビ・カニづくしを持ってこられたらイヤですよね、それと同じです。間違っても証券会社で「あなたのオススメで!」というようなことだけはしないでくださいね。

■長期投資にするとリスクが減る?

よく「長期投資にするとリスクが減りますよ」といった説明を受けるかと思いますが、この“長期投資=リスク減”の意味を正しく理解しないと痛い目にあうかもしれません。

「投資デビューを目指す人が知っておきたい2つのコト」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧