「ジャニーさんに感謝」嵐・二宮和也の日本アカデミー賞スピーチが波紋 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

なぜ二宮和也はジャニーズ幹部への謝辞を述べたのか?(写真はイメージです)
なぜ二宮和也はジャニーズ幹部への謝辞を述べたのか?(写真はイメージです)

 優秀な映画とそれに関わった映画人を称えて表彰する日本アカデミー賞の第39回授賞式が3月4日に行なわれ、嵐の二宮和也(32)が最優秀主演男優賞を受賞した。二宮は壇上で、SMAP解散報道で毎日のように名前が出ていたジャニーズ幹部であるジャニー喜多川氏、メリー喜多川氏、藤島ジュリー景子氏の名前を出す奇妙なスピーチを展開した。

■ジャニーズ勢が2年連続で最優秀主演男優賞

 発表された瞬間、一般来場者も多く詰めかけた会場に歓声が沸き起こった。『母と暮らせば』で主演をつとめた二宮が、第89回キネマ旬報ベスト・テンでも主演男優賞に引き続き、日本アカデミーでも最優秀主演男優賞を初受賞した。
 
 本作は、井上ひさしの同名戯曲をベースに、山田洋次監督が映画化したファンタジー作。幽霊になって吉永小百合演じる母・伸子の前に現れる息子・浩二を演じた二宮は、『起終点駅 ターミナル』の佐藤浩市や『日本のいちばん長い日』の役所広司らベテラン勢を押しのけての受賞となった。
 
 ジャニーズ事務所としては、昨年『永遠の0』で同賞を獲得したV6の岡田准一に引き続き、2年連続の快挙を成し遂げることとなった。2006年の第30回に『武士の一分』で優秀賞に選出された木村拓哉を、「(優秀賞の)皆さんと最優秀賞を競わせたくない」という理由で賞から辞退させたが、近年は日本アカデミー賞に協力的な姿勢を見せている。

「「ジャニーさんに感謝」嵐・二宮和也の日本アカデミー賞スピーチが波紋」のページです。デイリーニュースオンラインは、二宮和也日本アカデミー賞ジャニーズエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧