結婚生活に暗雲?藤原紀香の“目立ちたい願望”が仇となる梨園の掟 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

Photo by ai3310X
Photo by ai3310X

 婚約を発表した歌舞伎俳優の片岡愛之助と女優の藤原紀香が、3月31日に結婚会見を行なった。会見では子作りに関して夫婦でチグハグな意見を示した他、藤原紀香は女優業を続ける意向をブログで明らかにしており、早くも"梨園の妻"としての結婚生活に暗雲を漂わせている。

●注目記事:【髪が健康に】年齢のせいじゃない?お手軽”漢方”が白髪や薄毛にいいワケ

■待望の結婚も…会見ではチグハグ、ファンの関心ゼロ

 3月30日に婚姻届けを提出し、31日に大勢の報道陣を呼んで「最高に幸せです」と幸せムード全開だった愛之助と紀香。紀香の左手の薬指には、推定800万円とも言われるダイヤモンドの指輪が輝いていた。

 そんな紀香は報道陣を前にして、「私の最大優先順位は彼のサポート」と語るなど、"梨園の妻"としてさっそくヤル気をにじませていた。

 一方、早くもチグハグな場面も垣間見えた。愛之助は養子として片岡家に入った過去をもつこと、そして紀香が44歳と高齢であることから、「子どもがいないなあとなれば、養子でも芸養子でも色んな形がありますので、僕はそれでも構わない」と養子OK発言。しかし紀香は「できれば彼の子どもを産みたい」と子作りにも積極的な姿勢をアピールしている。

「あれだけ盛大に会見を行なうなら、せめて二人で意見を擦り合わせてきてほしいですよね。どうもチグハグした印象が否めず、かえって不安を与える結果となりました。もしも離婚したら、この会見の写真はめいいっぱい使われるでしょうね」(報道関係者)

 巷では、同じく結婚会見を行なったDAIGOと北川景子のコンビと比べられ、好感度の差が大きいともっぱら。「なんでいろいろ言われるのわかってるのにこんな会見するんだろう」「マスコミも事務所に言われて仕方なく行ってるんだろうな」と冷ややかな意見が並ぶ。また、女医の西川史子はニュースバラエティ番組「ニュース女子」(TOKYO MX)の会見上で、「(紀香の結婚は)2回目でしょ? 1回目は中継までして、よくできるなと思う。私は恥ずかしくてできない」と紀香の羞恥心のなさをブッタ斬った。

「結婚生活に暗雲?藤原紀香の“目立ちたい願望”が仇となる梨園の掟」のページです。デイリーニュースオンラインは、片岡愛之助藤原紀香結婚エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧