常盤貴子 新作映画で魅せる「私生活は仮面夫婦」でも12年ぶり「濡れ場」の妖艶度 (1/2ページ)

アサ芸プラス

常盤貴子 新作映画で魅せる「私生活は仮面夫婦」でも12年ぶり「濡れ場」の妖艶度

 これぞオトナの女、という色香を存分にスクリーンから放出──。常盤貴子(44)が挑む12年ぶりの濡れ場に、記者の胸も熱くなった。その艶技を、真っ先に公開。

「髪、切ったんだね‥‥」

 閑静な昼下がり。ソファに腰掛け、男にささやかれる女。肩まで伸びた黒髪の匂いを堪能した男は、鼻を女の耳に押しつけた。

「あら、どうしたんですか」

 とぼけた振りを見せるものの、首筋にキスをされ、その快楽から女の視線は宙をさまよう。そして理性を失った男は女を一気に押し倒した。

「あぁ‥‥」

 女は湧き出る嬌声を抑えきれなかった──。

 常盤がこんな官能シーンを演じたのは、9月10日公開の映画「だれかの木琴」(キノフィルムズ)の冒頭場面。直木賞作家・井上荒野氏の同名小説が原作だ。

 常盤扮する小夜子は、夫・勝村政信(52)や娘とともに東京に移住してくる。見知らぬ土地での生活に戸惑う中、初めて訪れた美容院で池松壮亮(25)扮する美容師の海斗と出会う。何気ない営業メールをきっかけに執着を抱き始める常盤。池松の自宅を突き止めると、ドアノブに差し入れをぶら下げたり、池松が恋人と愛を確かめ合っていた部屋に上がり込むなど、ストーカー行為に駆り立てられる人妻役を熱演している。

 常盤といえば、93年のドラマ「悪魔のKISS」(フジテレビ系)で風俗嬢に転身した女子大生を演じ、おわん形のバストとピンク乳首を惜しげもなくさらしている。04年には映画「赤い月」で、伊勢谷友介(39)と対面座位での激しい全裸セックスを披露。「私の中であなたを取り戻して」のセリフがたまらない興奮をかきたてた。今回の濡れ場はそれ以来だ。すっかり熟成した色気は、続くシーンでも発揮された。

 新調したベッドの上に寝そべり、目を閉じる常盤。すると勝村が覆いかぶさり、エプロンを外す。ニットでいっそう強調された豊満なD乳の膨らみが現れると、服の上から丁寧になで回される。そのそばでは池松が、繊細なタッチの指で頭や髪の毛を執拗にいじるのだ。男2人からの愛撫に体がうずいた常盤は、体をくの字に曲げるのだった。

 実はこのシーン、常盤の妄想を描いたもの。いわば「バーチャル3P」である。

「常盤貴子 新作映画で魅せる「私生活は仮面夫婦」でも12年ぶり「濡れ場」の妖艶度」のページです。デイリーニュースオンラインは、勝村政信だれかの木琴週刊アサヒ芸能 2016年 6/2号常盤貴子池松壮亮エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧