大麻のせいで19人殺害?懸念される”医療大麻”への影響を考える (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

Photo by emiliokuffer
Photo by emiliokuffer

 7月26日に発生した障害者施設19人殺害事件で、逮捕された元職員の植松聖容疑者(26)が、かつて「大麻精神病」「妄想性障害」と診断されていたことが分かりました。

 時を同じくして25日。医療大麻裁判の被告であった末期肝臓がん患者の山本正光さんが亡くなり、公訴棄却となりました。

■がん治療のために大麻を使用

 山本さんはがん治療のために自宅栽培した大麻を用いていました。ですが、現在の日本の大麻取締法では医療目的であれ所持は違法となっているため、逮捕され、裁判中でした。大麻の医学的効能は国際的には現在も議論中ですが、山本さんのケースでは大麻使用後に治療効果が出始めていたようです。しかし、勾留された後、大麻が使用できなくなってからは体調が悪化し、病死しました。

 この一例をもって大麻とがん治療の因果関係を断じるのは早計です。ですが、少なくとも山本さんの主観・体感としては大麻は特効薬であったはずで、それを法で取り上げるのはなんともむごい話に思えます。山本さんは生前、「自分の病気を治療するために使用して逮捕されるようなことは私を最後にしてもらいたい」と訴えていました。

 薬に効能と副作用があるのは当然ですから、問題はそのリスクとリターンを見極め、評価することでしょう。個人的には、医療大麻は少なくとも臨床試験が行える状況にして、その見極めのために研究を開始すべきだと思います(現在は臨床試験すらできません)。研究すらせずにリスクを過大視する風潮は科学的・合理的とは言えないからです。

 落選しましたが、先の参院選ではナチュラリストの高樹沙耶氏(52)が「医療大麻の解禁」を訴えて出馬しました。高樹氏への反応はまだ「キワモノ扱い」が多かったように見えますが、それでも医療大麻問題は少しずつ認識されてきたように思います。山本さんの裁判に判決が出れば、「やむをえない事情」における大麻使用が認められた可能性があり、そこから医療大麻問題にグッと踏み込めたかもしれません。山本さんの病没により、控訴棄却となったのは非常に残念です。

「大麻のせいで19人殺害?懸念される”医療大麻”への影響を考える」のページです。デイリーニュースオンラインは、相模原19人刺殺植松聖医療大麻連載などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧