ドラマ界にキムタク不要論?”月9”打切りで狭まるジャニーズの居場所 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

Photo by Pixabay
Photo by Pixabay

 長年続いてきたフジテレビの月曜夜の帯番組が、大きく変わろうとしている。一部メディアが、フジテレビが局の看板ドラマ枠である「月9」を消滅させる可能性があると伝えた。視聴率の低迷により大手スポンサーの撤退が原因のひとつだという。

 今後は、Hey! Say! JUMPの山田涼介(23)が主演する『カインとアベル』が放送を控えている。さらに年明けの冬ドラマの主演には、竹野内豊(45)が内定している。

 近年の月9はというと、冬ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』と、春ドラマ『ラヴソング』は、どちらも月9史上最低視聴率を更新。こういった結果も受けて、月9枠は廃止になるという可能性は大きいというのだ。

 そんな中、「月9」枠の最後のドラマは、同枠で多数の人気作の主演を果たし、一大ブームを巻き起こしたSMAPの木村拓哉(43)で締めたいという声が一部で挙がっているという。しかし、現状ではその可能性は低いのだとか。

「話題性という点では注目は集まると思います。しかしSMAP騒動の件もあり、現在木村のイメージは完全にマイナス状態です。月9後に放送の『SMAP×SMAP』ですら視聴率に苦戦しています。スポンサーの顔色をうかがうとなると難しい話でしょう」(芸能関係者)

 木村は月9において、『ロングバケーション』、『HERO』、『プライド』などに出演し、高視聴率を叩き出してきた。ただ、世間を大きく騒がせた解散騒動で人気は底辺まで落ちている。実際に、木村を起用して被害を被るという問題が出てきているのだとか。

「ドラマ界にキムタク不要論?”月9”打切りで狭まるジャニーズの居場所」のページです。デイリーニュースオンラインは、Get Ready!!SMAP木村拓哉フジテレビジャニーズエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧