海より深いSMAPへの愛?飯島マネが稲垣吾郎に託した”大仕事” (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

海より深いSMAPへの愛?飯島マネが稲垣吾郎に託した”大仕事”
海より深いSMAPへの愛?飯島マネが稲垣吾郎に託した”大仕事”

 SMAP解散劇では香取慎吾(39)とともに“脱・木村”に舵をきった稲垣吾郎(42)。アイドル業以外にも俳優としてドラマ、映画、舞台とマルチに活動している稲垣吾郎は松下奈緒(31)主演の『特命指揮官 郷間彩香』(フジテレビ系)への出演が明らかになり、長らく憂き目に沈んでいたファンは歓喜に沸いた。

 SMAPがなくなることは、稲垣にとって俳優として退路を断たれることを意味する。国民的アイドルグループという看板を下ろした稲垣に、果たして“勝算”はあるのだろうか?

「稲垣の演技力に関しては評価が近年、高まってます。2010年公開の映画『十三人の刺客』では“極悪非道の暴君”を見事に演じきったのですが、いい経験になったのでは。10月22日に放送予定の『郷間彩香』では“立てこもり事件の主犯”という役どころで、ダークな演技にも期待が寄せられています。育ての親だった飯島さんが獲ってきた最後の案件になるのだから、本人も特別な気持ちで臨むのではないか」(ドラマ制作スタッフ)

 解散劇で大立ち回りを演じる羽目になったのは、元チーフマネジャー・飯島三智氏(58)。今年1月の解散騒動でジャニーズ事務所を退社し、中国関連の事業に就いていると言われる。

「フジテレビが『この秋一番のミステリーエンタメドラマ』と言い切る『郷間彩香』で、自社のタレントにハマる役を獲ってくる。飯島さんは芸能マネジメントのプロなんだな、と改めて思いました。また飯島さんと一緒に仕事がしたいと言うスタッフは本当に多いですし、時期をみて芸能界に戻ってきてほしい」(前出・スタッフ)

 飯島氏が去ってもなお名声を轟かす一方で、追い出した側のメリー喜多川(89)、藤島ジュリー景子(50)の風評は冴えない。

「海より深いSMAPへの愛?飯島マネが稲垣吾郎に託した”大仕事”」のページです。デイリーニュースオンラインは、飯島三智メリー喜多川稲垣吾郎SMAP解散エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧