岩崎宏美「宇多田ヒカルに救われた」闘病の過去を告白 (1/2ページ)

日刊大衆

岩崎宏美「宇多田ヒカルに救われた」闘病の過去を告白

 歌手の岩崎宏美(58)が、11月19日に放送された『サワコの朝』(TBS系)に出演。司会の阿川佐和子(63)とトークを繰り広げた。岩崎といえば16歳でデビューし、セカンドシングル『ロマンス』で新人賞を受賞するなど、数々の賞を総なめ。23歳のときに発売した『聖母たちのララバイ』が130万枚の大ヒットを記録するなど素晴らしいキャリアの持ち主で、去年デビュー40周年を迎えたベテランだ。

 岩崎はデビュー直後、『花の中三トリオ』の後ろ姿を見ていたといい、同い年だがデビューの時期は3年先輩だった山口百恵(57)との秘話を披露。岩崎が山口の大人っぽさに憧れ、“アイラインの引き方がステキだ”と褒めたら、山口が岩崎にもメイクを施してくれたと明かし「“宏美ちゃんにも引いてあげる”って言ってね、私の目に引いてくれてたんですけど。私、今は二重なんですけど、そのとき奥二重だったみたいなんですよ。で、引いても引いても、目を開けると隠れちゃうわけ(笑)」と心温まるエピソードを語った。

 デビューしてからは3ヶ月に1度のハイペースで新曲が出るほどの売れっ子になった岩崎だったが、数ある持ち曲の中でも、『シンデレラ・ハネムーン』はコロッケ(56)がモノマネした曲として記憶に残っているといい「ちょっと休んでいる時期、つなげてくれた、みたいな」と感謝を表明。モノマネされたことに対しては「ぜんぜん嫌じゃなかったし、私は家で“あ、この人すっごい面白い人だ。野口五郎さんとか、ちあきなおみさんとか最高に面白かったから、こんど何するんだろう”って思ったら自分だった(笑)。すごい衝撃でしたよ。“うそ、私?”と思って。“これが?”と思ったんだけど、悔しいけど、ちょっと似てると思った」と笑い飛ばした。

 また、岩崎は「今、心に響く曲」として宇多田ヒカルの『花束を君に』をセレクト。「今年の8月、ちょっと喉のオペをしてるんですね。声帯に」と告白し、「レーザーの手術なんですけども、手術をする前にも、宇多田さんの『ふだんから〜』って、あの声が心地よくて。朝は絶対声が出ない私にも、あのキーの歌はなんか当時から(声が)ずっと出てたんですよ」と、この歌にとても慰められていたことを語った。

「岩崎宏美「宇多田ヒカルに救われた」闘病の過去を告白」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧