木村拓哉の好感度を演出した?『SMAP×SMAP』ラスト歌唱の内幕 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

Photo by Pixabay
Photo by Pixabay

『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の最終回スペシャルが12月26日に放送され、ファンだけでなく日本中が別れを惜しんだ。同放送はこれまでの名場面を振り返る総集編として放送され、元メンバーである森且行(42)の脱退や、稲垣吾郎(43)・草なぎ剛(42)の不祥事からの復活など、これまでタブー視されていた過去も一挙に振り返った。

 ラストでは、『世界に一つだけの花』をメンバー5人で熱唱。事前収録という形になったものの、メンバー5人での最後の歌唱となったこのシーンは多くの人が涙したようだ。しかし、そのラストの演出、そして編集には、ジャニーズの思惑が含まれていると囁かれている。

『世界に一つだけの花』の歌唱後、メンバーは幕が下りるまで1分以上頭を下げ続け、幕が下がり切った後も、鳴りやまぬスタッフの拍手が響く中でカメラは幕の向こう側に切り替わり、背を向けて涙ぐむ中居正広(44)の姿などが映し出された。その後番組は、これまでのスタッフとの記念撮影の模様を映しながらエンドロールへ。終了後、メンバー一人一人がステージを降りていく姿が映し出されたが、他の4人が足早に立ち去る中、一人再び一礼をした木村拓哉(44)は、最後までステージに残る格好となった。

 これには、「これからSMAPの名は一人で背負うという意味だったのでは?」などと、ネット上でも様々な憶測を呼んでいるようだ。

「ステージを最後に降りるのが木村になるよう、一番下手の立ち位置をジャニーズが指定したのでしょう。最後まで残るSMAPのメンバーは木村だ、と表したかったジャニーズの配慮だと思われます。木村がファンへの感謝を最後まで示すこととなった再度の一礼も、木村がメンバーの中で一番いいイメージのままSMAPを終わってもらうために、ジャニーズが仕組んだ演出だったとも言われている」(芸能記者)

 独立が噂される他の4人のメンバーとは違い、解散後もジャニーズ残留が有力視される木村は、解散の最後の瞬間までイメージアップが図られた。その演出が、この一瞬に詰め込まれていたと言っても過言ではない。それでなくとも、直前までの『SMAP×SMAP』では、“木村いい人キャンペーン”と揶揄されるほど、過剰演出がなされていると話題になっていた。

「木村拓哉の好感度を演出した?『SMAP×SMAP』ラスト歌唱の内幕」のページです。デイリーニュースオンラインは、スマスマSMAP木村拓哉フジテレビジャニーズエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧