清水富美加が出家する要因に?繰り返される”仮面ライダー女優”の呪縛 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

「全部、言っちゃうね。 ~本名・清水富美加、今日、出家しまする。」より
「全部、言っちゃうね。 ~本名・清水富美加、今日、出家しまする。」より

 女優の清水富美加(22)が、宗教団体「幸福の科学」に出家すると表明したことを受け、周囲が対応に追われている。2月20日には、11月公開となる映画『泥棒役者』で、清水の代役を女優の石橋杏奈(24)がつとめることが発表されたばかり。清水富美加が出演していたレギュラー番組の今後の対応や、公開を控えている映画についても、作品によって協議中や状況確認中とバタバタとした状況だ。

 これまで順調にキャリアを重ねていた清水だが、今回の騒動では「自分の意思にそぐわない役を演じることも多かった」と明かしている。しかしその中で、清水が自らオーディションを受けに行ったと言われているのが、『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)だ。

 本作は2011年から2012年にかけて放送された仮面ライダーシリーズの作品で、主人公のライダーを当時まだ駆けだしの福士蒼汰(23)がつとめている。本作で清水は福士の幼馴染役として、レギュラー出演していた。

 仮面ライダーシリーズといえば、福士をはじめ若手俳優たちにとってブレイクへの“登竜門”となってきた。しかしその一方で「ヒロインはあまりパッとしない」というジンクスがあるとも囁かれている。

「数々のヒロインが登場してきましたが、ほとんどがパッとしない状態です。特に佐藤健(27)が主演をつとめた『仮面ライダー電王』(同)では、ヒロイン役の女優が放送期間中に突然降板しました。他の女優も結婚を機に引退したり、実質開店休業中の者が多い状態。『仮面ライダー』の撮影はギャラは格安なのに拘束時間が長く、アクション中心で体力的にも過酷。さらに現場は完全な体育会系とあって、精神をすり減らしてしまう出演者が少なくない。実際、清水も『フォーゼ』出演後、しばらくは休養期間を取るなど、大きくつまづいていた印象です」(芸能記者)

 後に朝の連続ドラマ『まれ』(NHK)に出演し、徐々に知名度を上昇させることになる清水だが、やはりこの「ヒロイン不遇の呪縛」から逃れられなかったのだろうか。

「清水富美加が出家する要因に?繰り返される”仮面ライダー女優”の呪縛」のページです。デイリーニュースオンラインは、清水富美加引退幸福の科学宗教エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧