モーニング娘。最大の問題児?久住小春の”ワガママ事務所移籍”の顛末 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

久住小春写真集『小春日記。』より
久住小春写真集『小春日記。』より

 元モーニング娘。のメンバーでモデルの久住小春(24)が7日、芸能プロダクションのオスカープロモーションに所属していたことがわかった。久住は昨年11月末に前所属事務所との契約を終了。1カ月のブランクを経て、今年の1月1日から現事務所への所属となったようだ。すでに女優としての活動も決定しており、21日からスタートするドラマ『女囚セブン』(テレビ朝日系)の出演が控えている。

 久住は2005年にモーニング娘。の7期生としてデビュー。応募総数が2万人を超える中の唯一の合格者として選ばれたメンバーだった。グループ活動のほかに、デビュー翌年にはアニメ番組の主演声優と主題歌を担当し、早々にソロデビューを果たしている。2009年にモーニング娘。を卒業後はモデルとして活動し、雑誌『CanCam』(小学館)の専属モデルをつとめていた。順風満帆に思えるような華麗な経歴だが、一概にそうともいえないようだ。

「プロデューサーのつんく♂(48)を唸らせ、新たなエースとしてデビューした久住ですが、周囲は相当手を焼いていたといいます。教育係として任命された先輩メンバーの道重さゆみ(27)の言うことは一切聞かず、ワガママし放題。道重は日々ストレスで悩まされていたようです。こうした問題行動は卒業後も続き、かつてラジオ番組で『モー娘。は踏み台』といった発言をするなど関係者を凍りつかせたことも。その他にも失言が多く、昨年の契約終了も実質的な“クビ宣告”だったのではとも言われているほどです」(芸能関係者)

 久住はこれまで、ハロー!プロジェクトのメンバーを擁する関係事務所を転々としていたが系列を離れ短期間のフリーを経て、今回の新事務所への所属が決定している。つまり、自身が予告した「モー娘。は踏み台」を実践した格好になる。

「モーニング娘。最大の問題児?久住小春の”ワガママ事務所移籍”の顛末」のページです。デイリーニュースオンラインは、女囚セブン久住小春モーニング娘。エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧