黄金の「昭和テレビ時代劇」主役をオール直撃!(4)大信田礼子<「旅がらすくれないお仙」かみなりのお銀> (1/2ページ)

アサ芸プラス

黄金の「昭和テレビ時代劇」主役をオール直撃!(4)大信田礼子<「旅がらすくれないお仙」かみなりのお銀>

 主人公が2人で活躍する「バディムービー」は時代劇の世界にも多いが、女2人となると「旅がらすくれないお仙」(68~69年、NET系)が初。静の松山容子に対し、大信田礼子(68)が演じた「かみなりのお銀」は、動そのものだった。

 これが私にとって初めてのテレビ主演作でした。実はこの前年、東京でモデルデビューしていたけど、芸能界にあまり興味が持てず、京都の実家が火事になったこともあり、戻ってブラブラしていたんです。

 ある日、京都の撮影所を見学していたら、そこで「出ないか」と誘われたんです。その月給の額に母親が驚いて、すぐに決めなさいと。モデル時代が3万円だったのに、ここでは25万円と言われたんですよ。

 撮影が始まって、最初からミニの着物に男物の海パン、そしてナマ脚というスタイルではなかったんですよ。普通に長い着物だったけど、カメラアングルが下のほうに下のほうに‥‥めくれた瞬間を待っているんですね。

「だったら最初から短くしましょう」

 そしてあの衣装を私が提案したんです。羽二重のかつらも、他の女優さんがベンジン使ってはがすところを見ていたから、自分の髪をアップにしてやらせてくださいと言いました。

 共演の松山容子さんはすでに大スターでしたので、こちらから声をかけるなんて怖くてできません。撮影には母が付き添っていて、私は母とともに、いつも「結髪さん」に金魚のフンみたくくっついていたんです。あの世界は結髪さんや衣装さんの女性がとにかく厳しく、シーンが終わるたびに「何かヘンなとこはありませんか?」と聞くようにしていました。

 さて「かみなりのお銀」は、衣装が現代風だからアクションがやたら多かった。幸い、私は高校が器械体操部だったので、殺陣師の方と「この高さなら飛び降りれる?」と打ち合わせしながら、危険なシーンをこなしていましたね。

 番組は日曜夜8時からですが、視聴率も好調だったらしく、スタッフの方に「お銀ちゃん、大河ドラマを抜いたぞ!」って教えられました。当初は1クールの予定が、ちょうど1年、4クールになったのには驚きました。

「黄金の「昭和テレビ時代劇」主役をオール直撃!(4)大信田礼子<「旅がらすくれないお仙」かみなりのお銀>」のページです。デイリーニュースオンラインは、緋剣流れ星お蘭旅がらすくれないお仙週刊アサヒ芸能 2017年 9/7号大信田礼子同棲時代エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧