ミシュラン・ビブグルマンに選ばれたパッタイ専門店!タイ・バンコクのレトロ可愛いお店「バーン・パッタイ」 (1/4ページ)

GOTRIP!

ミシュラン・ビブグルマンに選ばれたパッタイ専門店!タイ・バンコクのレトロ可愛いお店「バーン・パッタイ」

日本でも人気のタイ料理の定番といえば、パッタイ。

「タイ風焼きそば」とも呼ばれるパッタイは、自分でソースやスパイスを加える前提で味付けがされているため、クセがなく辛さ控えめで日本人の口にもよく合います。

格安屋台グルメから高級レストランにいたるまで、数々のグルメスポットがひしめき合うバンコクで今人気を集めているのが、2016年にオープンしたフォトジェニックなパッタイ専門店「バーン・パッタイ(Baan Padthai)」。

店名はタイ語で「パッタイの家」という意味で、その名前からも「パッタイ推し」であることがよくわかります。

バーン・パッタイは、タイの鉄人シェフ、イアン・キティチャイ氏率いるイッサヤーグループがプロデュースしたパッタイ専門店。2018年版バンコクミシュランガイド(ビブグルマン部門)にも掲載された実力店で、タイ観光大使を務める乃木坂46も訪れました。

味が良いのはもちろんのこと、店構えや料理もおしゃれで写真映えすると評判を呼んでいます。

バーン・パッタイがあるのは、タイで初めて舗装された道路であるジャルンクルン通りから延びるソイ44。バンコクでも特に古いエリアのひとつですが、さほど観光地化されておらず、最寄りのBTSサパーンタクシン駅からの道のりはローカルな雰囲気満点です。

路上の物売りや屋台、ソンテウ(バンコク庶民の足となっている相乗りトラック)など、エネルギッシュなバンコクの風景を眺めながらお店へと向かいましょう。

バーン・パッタイがあるソイ44は、「こんなところに今人気のおしゃれなレストランがあるのだろうか」と思わせる昔ながらの古い通りですが、歩いているうちにひときわ鮮やかなブルーの建物が目に飛び込んできます。

「ミシュラン・ビブグルマンに選ばれたパッタイ専門店!タイ・バンコクのレトロ可愛いお店「バーン・パッタイ」」のページです。デイリーニュースオンラインは、バーン・パッタイアウトバーンパッタイビブグルマン世界の美食カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧