いとうあさこ・イモトアヤコ『イッテQ』過激演出に非難殺到「いつか事故が」 (1/2ページ)

日刊大衆

左=いとうあさこ・右=イモトアヤコ
左=いとうあさこ・右=イモトアヤコ

 11月17日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の海外ロケで、お笑いタレントのイモトアヤコ(33)といとうあさこ(49)らが挑戦したアクティビティが危険ではないかと、多くの視聴者が疑問を呈していたようだ。

 まず、イモトが挑戦したのは「珍獣ハンターイモトワールドツアー in 中国」の“超級大秋千”というスリリングなブランコ。貴州省にある深さ100メートル以上ある陥没穴の中を約2秒で滑空するというもの。

 現地に到着してブランコを見たイモトは「ここで“よし頑張ります!”とは言えない。ヤラなくて済むならヤリたくない」と怯えつつ、今年の3月に行った南アフリカロケでのバンジージャンプのことを話し始めた。このときイモトは飛ぶことを拒否。最終的にスタッフ全員でくじ引きを行ない、現地のコーディネイターがイモトの代わりに飛んだときのことを振り返った。

 イモトによるとその後、ツイッターで非難を浴びたそうで、「炎上しちまってよ。ネットニュースにもなるわ、“何様だ”、“女優気取りか”、“飛べよ”と毎日毎日! それが2週間ぐらい続いた」と、飛ばない地獄を味わったと告白。「(叩かれることを)分かっているうえで文句言ってるんだ! 怖いんだもん」と、目を潤ませて訴えた。

 結局、イモトは同行していたスタッフと一緒に飛ぶことを条件に、ブランコに挑戦することに。

「いとうあさこ・イモトアヤコ『イッテQ』過激演出に非難殺到「いつか事故が」」のページです。デイリーニュースオンラインは、世界の果てまでイッテQ!内村光良イモトアヤコ宮川大輔いとうあさこエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧