米倉涼子『ドクターX』は“次”が最終回!会長との蜜月も終焉!? (1/2ページ)

日刊大衆

米倉涼子『ドクターX』は“次”が最終回!会長との蜜月も終焉!?

 人気女優の米倉涼子(44)が、3月末で27年所属した古巣の芸能事務所を退所。マネジャーなども連れずに、完全に身一つで独立した米倉は4月3日に個人事務所『Desafio』(デサフィオ)を立ち上げ、心機一転して芸能活動を行う決意をマスコミに伝えている。

「独立の理由として、“アルゼンチン人ダンサーとの結婚を反対された”、“本格的に海外で活動したいから”など、いろいろな説がささやかれていますが、何よりも気がかりなのは、『ドクターX』がどうなるかですよね」(女性誌記者)

『ドクターX~外科医・大門美未知子~』は、米倉涼子主演の、の泣く子も黙るテレビ朝日の大ヒット看板番組。

「米倉涼子にとって最大の当たり役で、ギャラも1話につき500万以上といわれています。しかし、実は米倉はもう“大門未知子”を演じたくない。特定の役に縛られてしまうことに不満をこぼしているそうです。それでも、テレ朝が粘り強く交渉を重ねたことで、2019年10月のシーズン6が実現したようですね。

 米倉が『ドクターX』を続けていた理由の1つに、27年以上所属した事務所の社長に対する恩義があるといいます。『ドクターX』では、テレ朝が巨額の制作協力費を事務所に払っていたと言われていますが、米倉が独立したことで今後はその金もどうなるかわからない。これまで恩義のあった社長は退任して会長になったので、米倉自身が“事務所のために……”と無理をして出演する理由はなくなったと見られていますね」(前同)

■テレ朝会長直々のオファー?

 米倉の新事務所名『Desafio』(デサフィオ)は、スペイン語で“私は挑戦する”という意味だ。

「米倉涼子『ドクターX』は“次”が最終回!会長との蜜月も終焉!?」のページです。デイリーニュースオンラインは、リーガルV・元弁護士・小鳥遊翔子早河洋ドクターX米倉涼子エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧