Plutus DEFIでレンディングを安全で簡単に (2/6ページ)

バリュープレス

経済ポリシーに何かしら変更を加える場合には、総有権者のうち51%の投票が必要となります。これにより、チェーンのセキュリティを無限に保ちながら、プラットフォームを動的にします。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NDk3MiMyNDE5MTEjNjQ5NzJfeXZWbmNjVHlhbi5wbmc.png ]
Plutusのステーク

自律型システムは、マスターノードでありバリデーターでもあるステーカーに報酬を与えます。マスターノードになるため、投資家はPlutusプラットフォームでPlutusトークンを提供するだけで、アプリ内のトランザクションを検証できます。

Plutusプラットフォームでマスターノードになる利点は、第一にアプリで発生したトランザクション料金の一部を受け取れることです。これが、マスターノードがPlutusチェーンで暗号通貨トークンを提供し得られる受動的所得です。

第二に、チェーンができてまだ日が浅いため、ステーカーの数が少ないということです。これは、プラットフォームに提供された暗号通貨トークンの量に対してより大きな利益を得られる、アーリー・ステーカーにとって良い機会と言えます。

プラットフォームに提供する前に、報酬モデルと関連するリスクの理解に時間をかけることが重要です。投資家がプラットフォーム上で行う決定はすべて、彼らそれぞれの単独の責任であることを頭に入れてください。

投票行動

Plutusチェーンはまだ若いチェーンなので、激しい変動と価格発見の対象となります。この不確実性はステーキングの需要に影響を与えます。したがって、金融ポリシーを定期的に確認して、必要に応じて変化に影響を与えることが不可欠です。

運用初年度は、毎月Plutusの金融ポリシーを確認することをお勧めします。

「Plutus DEFIでレンディングを安全で簡単に」のページです。デイリーニュースオンラインは、ネットなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧