【金沢市が全国初の事例となるオンライン福祉ショップを補助】 能登印刷のネット販売まるごと代行サービス「miicha.」が、福祉施設のオンライン販売を支援 (1/6ページ)

バリュープレス

能登印刷株式会社のプレスリリース画像
能登印刷株式会社のプレスリリース画像

印刷・出版・デジタル事業を手がける能登印刷株式会社(代表取締役:能登健太朗、以下、当社)は、金沢市からの要請で、2021年3月26日より、全国で初めて自治体が支援する障害者就労支援施設が共同でつくるオンライン福祉ショップ(『スマイルショップKANAZAWA』)の出品・販売代行をスタートします。当社で手がけるEC3大モール(楽天市場・Yahoo!ショッピング、amazon.co.jp)の販売代行サービス「miicha.」(ミーチャ)を通じて、障害者の就労ならびに社会参加をサポートします。

※自治体が支援する障害者就労支援施設の共同オンライン福祉ショップは全国初となります。

背景と目的

新型コロナウイルスの影響で、障害のある人が作った製品を販売する福祉ショップの売上が大きく減少しています。また、一方で、オンライン(ネットショップ)での販売を始めたくても、福祉ショップには、知識のある人材、経験やノウハウがなく、例えオンラインショップを立ち上げても、上手く軌道に乗っていかない状況があります。そこで、新たな販路開拓と販売促進のため、13の障害者就労支援施設が共同でつくる「金沢市オンライン福祉ショップ『スマイルショップ KANAZAWA』」の開設に向け、金沢市の支援のもと、2021年2月26日、金沢市福祉ショップ運営委員会が設立されました。
目的は、オンライン福祉ショップの運営を通じ、障害のある人が授産品その他の商品の販売等に従事することを支援し、障害のある人の就労の場の提供、賃金の向上、および、社会参加の機会の確保に置かれています。
当社は、その主旨に賛同。金沢市と協力して、ノウハウや情報システムの基盤がなくても、国内3大モール(楽天市場、Yahoo!ショッピング、amazon.co.jp)に、低コストで、簡単に、かつ速やかにオンラインショップを開設・運営できるネット販売まるごと代行サービス「miicha.」を通じ、障害者の就労ならびに社会参加を支援します。
「【金沢市が全国初の事例となるオンライン福祉ショップを補助】 能登印刷のネット販売まるごと代行サービス「miicha.」が、福祉施設のオンライン販売を支援」のページです。デイリーニュースオンラインは、福祉施設ネット通販オンラインショップECネットなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧