知事令 No. 2021-29にて、グアムへの入国条件が緩和されました (1/3ページ)

バリュープレス

グアム政府観光局のプレスリリース画像
グアム政府観光局のプレスリリース画像

グアム準州州知事Lourdes A. Leon Guerreroは、2021年11月19日に知事令 No. 2021-29で、入国旅行者の検疫制限の改正に関するものを発令し、グアムへの入国条件が緩和されました


For Immediate Release
2021年11月25日


グアムへの入国条件が緩和されました


グアム準州州知事Lourdes A. Leon Guerreroは2021年11月19日に知事令 No. 2021-29で入国旅行者の検疫制限の改正に関するものを発令しました。

ワクチン接種率が全人口の81.13%*と世界中でも非常に高い接種率で、コロナ感染者数も劇的減少に向かっているグアムでは、入国に際しての条件を緩和いたしました。

条件としては、
■ ワクチン接種証明書
■ PCR検査または抗原検査のどちらかの陰性証明書

上記の2点を取得し提示することで、隔離の免除となります。
詳しくは弊局Webサイトの、グアムへの入国(https://www.visitguam.jp/entryintoguam/)、知事令2021-29(https://www.visitguam.jp/articles/post/20211122-2021-29/)をご覧ください。

「知事令 No. 2021-29にて、グアムへの入国条件が緩和されました」のページです。デイリーニュースオンラインは、知事令guamグアム政府観光局新型コロナウイルス感染症安心安全ネットなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧