「揺れるバスの中で乳児を抱いたまま立ったり座ったりする母親。事故が起こりそうで恐ろしく『なぜ座らないの?』と質問したら...」(東京都・40代女性)

Jタウンネット

「揺れるバスの中で乳児を抱いたまま立ったり座ったりする母親。事故が起こりそうで恐ろしく『なぜ座らないの?』と質問したら...」(東京都・40代女性)
「揺れるバスの中で乳児を抱いたまま立ったり座ったりする母親。事故が起こりそうで恐ろしく『なぜ座らないの?』と質問したら...」(東京都・40代女性)

シリーズ読者投稿~自慢になってすみません~  投稿者 :Iさん(東京都・40代女性)

Iさんはその日、バスの車内で赤ちゃんを抱っこした母親を見かけた。

たどたどしく子供を抱えたまま、座席に座ったり立ちあがったりを繰り返す。そんな母親を見て、Iさんはたまらず声をかけた。

バスの車内で赤ちゃんを抱っこした母親を見つけ......(画像はイメージ)

<Iさんの体験談>

30代の頃、通勤で乗っていたバスの車内に、とても小さな赤ちゃんを抱っこした若いママがいました。

車内はさほど混んでおらず、座席が埋まって立っている人が数名程度。ママさんは縦並びの一人掛け椅子に座っていて、私はその側に立っていました。

「なぜ座らないの?」

座っていたママさんですが、何故か時々立ち上がります。片手で赤ちゃんを抱っこし、片手で手すりに捉まり、しばらくするとまた座る。そんなことを繰り返していました。

その抱っこがたどたどしく、揺れるバスの中では今にも事故が起こりそう。車内のお客さんみんなが心配してハラハラ。空気が張り詰めていました。

私はたまらずママさんに「なぜ座らないの?」と声を掛けました。すると、彼女は不安げな顔で言うのです。

「赤ちゃんが泣いちゃうから...」

ママさんは他の乗客に迷惑にならないよう、赤ちゃんを泣かすまいと必死だったのだと気付き、胸が熱くなりました。そして、自分が保育士であることを伝え、ママさんを横掛けの優先席に移動させました。

親子を優先席に案内して......(画像はイメージ)

赤ちゃんをゆったりと抱くようにしてもらった後、赤ちゃんは泣いても構わないこと、優先席を使っても良いこと、車内のみんなが心配して見守っていたことを伝えました。

ママさんによると、その日は一か月検診。赤ちゃんが生まれてから初めての母子の外出だったそうです。どれだけ緊張し、どれほど心細かったことか。

私は先に降車し母子と別れましたが、なんとその日の帰宅のバスで再会。「無事に病院に行くことができ、帰りは赤ちゃんが寝ているから安心している。ありがとうございました」とお話ししてくれました。

初めての外出が無事終わるお手伝いが少しでもできたかなと思い、保育士であることに誇りを感じた出来事でした。

誰かに聞いてもらいたい「親切自慢」、聞かせて!

Jタウンネットでは読者の皆さんの「感謝してもらえて嬉しかったこと」を募集している。

読者投稿フォームもしくはtwitter.com(@jtown_net)のダイレクトメッセージメール(toko@j-town.net)から、具体的な内容(誰にどんな親切をしたのか、どんな反応が返ってきたかなど、500文字程度~)、体験の時期・場所、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談を編集して掲載しています。あらかじめご了承ください)

「「揺れるバスの中で乳児を抱いたまま立ったり座ったりする母親。事故が起こりそうで恐ろしく『なぜ座らないの?』と質問したら...」(東京都・40代女性)」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧