パチンコのゴト利権を巡るトラブル…東北マフィアvs朝鮮族マフィアの全貌

デイリーニュースオンライン

一部がリアルチャイナタウン化する池袋 photo by Kaz Empson
一部がリアルチャイナタウン化する池袋 photo by Kaz Empson

 不良中国人集団「東北グループ」が跋扈しているといわれる“リアルチャイナタウン”池袋で、2006年4月、1人の中国人留学生が暴行の末に殺害されるという事件が発生した。

 その後、パチンコのゴト師グループのメンバーとされる中国人4人が逮捕され、事件後出国した4人の中国人も国際手配されることに。この事件の真相を、東北グループの一員が証言。そこから、池袋の街に巣食う東北グループの実態が見えてきた。

アウトレイジ化する在日中国人~留学生暴行死と東北マフィア~

発端はゴト利権を巡るトラブル

「あの頃、池袋では、中国東北部出身の漢民族グループと、同じ東北出身の朝鮮族のグループが熾烈な抗争を繰り広げていたんだ。パチンコのゴト利権を巡るトラブルが事件の発端だったのはたしかだけど、それ以前から両者の間にはさまざまな火種があり、いつ破裂してもおかしくない状況だった。起こるべくして起こった事件だと思う」

 こう語るのは、東北グループの一員で、当時の事件をよく知る在日中国人のT氏である。T氏の証言は非常に具体的なものだった。

「最初の被害者は、うちら東北グループの人間だったんだ。街で朝鮮族の奴らと乱闘になり、1人が大怪我を負った。あの事件はその報復だったんだ。乱闘で朝鮮族側の人間が1人、怪我をして病院に運ばれた。うちらは、そこを急襲して拉致。池袋の息のかかった飲食店に引っ張っていった。そこで数人がかりで拷問にかけ、放置しといたら死んじゃった。それが事件の顛末だよ」

「1つのまとまった組織があるわけじゃない」

 事件を起こした“東北グループ”とは、いったいどんな集団だったのか?

「マスコミは“中国人4人逮捕”としか報じなかったが、東北グループを構成する中国人には2種類ある。ひとつは、留学や結婚ビザで来日した、いわゆる在日中国人。もうひとつは残留孤児系の中国人。子どもの頃、日本人の血が入っている親と一緒に中国から移住してきた残留孤児の子どもたちだ。日本に帰化し日本人になった人間もいれば、中国籍のままの人間もいる」

 つまり、“東北グループ”とは、留学生など一時的に日本に居住している東北部出身の中国人と、彼らより前に来日し、日本に定住・永住することになった残留孤児系の不良が渾然一体となった集団だということがわかる。

 もっと具体的にいえば、「怒羅権」など残留孤児系の暴走族・マフィアのメンバーが、後に来日した大陸中国人と融合・結合した集団の総称が“東北グループ”ということになる。T氏も言う。

「日本のヤクザみたいな“組”でない。東北グループという一大組織があるわけじゃないんだよ。たくさんのグループがあって、それをひっくるめて警察とマスコミが勝手に“東北グループ”と呼んでるだけ。そういう意味では、ちゃんとした組織を持っているヤクザのほうが当然、強い。だから、俺たち東北グループは奴らの間隙を縫って、シノギをしているに過ぎないんだよ」

 そもそも、なぜ怒羅権など残留孤児系の不良と大陸からやって来た中国人が結託するようになったのか? ヤクザとの関係は実際のところどうなのか? 次回はそのあたりをリポートする。

(取材・文/小林靖樹)

「パチンコのゴト利権を巡るトラブル…東北マフィアvs朝鮮族マフィアの全貌」のページです。デイリーニュースオンラインは、マフィア犯罪殺人事件中国裏社会社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧