【プロ野球】侍ジャパンチャリティーオークション、最高落札金額の選手とは?

デイリーニュースオンライン

チャリティーオークションの売上は「東日本大震災被災地の子供たちへの支援」として全額寄付されている。
チャリティーオークションの売上は「東日本大震災被災地の子供たちへの支援」として全額寄付されている。

 プロ野球にもいろいろなファンがいる。その中でも最も金に糸目をつけないのが、お宝コレクターだろう。サインボール、バット、選手が着用したユニフォームなど、その収集は多岐に渡り、レア品となると超高額で取引されることもしばしば。コレクターの中には、自らの手で博物館を開くこともあるくらいだ。

 金額だけ見ると、現在の1番人気はイチロー(マーリンズ)だ。イチロー実使用のサイン入りユニフォームとなると、200万円、300万円は当たり前。小市民の感覚からすると目玉が飛び出しそうな金額だが、それでも欲しがる人がいるのだから、コレクターたちの情熱と財力は底知れない。

サイン入りユニフォームが政治問題に発展!?

 そんなコレクター界で注目を集めたのが、現在、安倍政権で内閣府特命大臣経済政策担当を務める甘利明氏だ。昨年、8月12日に放送された「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系列)に甘利氏が出演した際に、家宝として鑑定を依頼したのが、田中将大(ヤンキース)のサイン入りユニフォーム。楽天時代の2007年6月13日、プロ初完封を挙げた時に着用していた、というコレクター垂涎の超プレミア品だった。

 入手元は楽天球団のオーナー・三木谷浩史氏。ここまで来ると鑑定ではなく、査定では? という野暮はさておき、鑑定額は驚きの200万円。あまりの金額に一部の野党議員からは「収賄ではないか?」というシャレにならないジョークも飛び出したという。

誰でもお宝を手に入れるチャンス有!

 ファンサービスが拡大している昨今、選手にサインをもらうことは昔ほど難しいことではないが、レア品を入手するのはやはり至難の業。しかし、レア品を入手できるチャンスは意外なところに転がっている。それはチャリティーオークションだ。

 NPBではオールスターゲームと侍ジャパンの各試合で選手が着用したユニフォームをヤフオクや楽天オークションに出品しており、ファンやコレクターたちが壮絶な落札バトルが繰り広げている。

 直近では3月に行われた侍ジャパンvs欧州代表の強化試合で着用したユニフォームが出品され、落札金額は以下の通りになっている。

※C=コーチ、監=監督

  • 大瀬良大地(広) 42万3000円
  • 矢野燿大(C) 30万1000円
  • 坂本勇人(巨) 26万2000円
  • 藤浪晋太郎(神) 23万1000円
  • 小久保裕紀(監) 22万9000円
  • 山田哲人(ヤ) 19万1000円
  • 菊池涼介(広) 18万9500円
  • 筒香嘉智(De) 16万1000円
  • 中田翔(日) 15万2000円
  • 丸佳浩(広) 15万1000円
  • 小林誠司(巨) 12万6000円
  • 嶋基宏(楽) 10万7037円
  • 稲葉篤紀(C) 10万1000円
  • 松井裕樹(楽) 10万1000円
  • 會澤翼(広) 9万6000円
  • 松田宣浩(ソ) 9万4500円
  • 銀次(楽) 9万2000円
  • 西野勇士(ロ) 8万6000円
  • 柳田悠岐(ソ) 8万1000円
  • 今宮健太(ソ) 6万9000円
  • 雄平(ヤ) 6万7000円
  • 澤村拓一(巨) 6万5005円
  • 牧田和久(西) 6万5000円
  • 武田翔太(ソ) 6万4000円
  • 伊藤光(オ) 6万3000円
  • 大島洋平(中) 5万3000円
  • 仁志敏久(C) 5万1000円
  • 松葉貴大(オ) 4万6000円
  • 又吉克樹(中) 4万1000円
  • 井納翔一(De) 4万0501円
  • 村松有人(C) 3万8500円
  • 若田部健一(C) 3万1000円

 ちなみに、侍ジャパンのオーセンティックユニフォームの定価は41,040円(税込)。坂本、大瀬良など、相当な贅沢ができそうな金額の選手もいるがファンにとっては意外な掘り出し物もありそうだ。

なんと大谷は破格の100万超え!

 次のチャンスは例年通りならオールスターゲーム。昨年は今をときめく大谷翔平(日本ハム)のユニフォームが史上最高額の175万2000円で落札されるなど、高額落札が相次いだ。

 また、オールスターのオークションでは審判員のサイン入りユニフォームも出品されるのが恒例。昨年は「ストリャアアアアアアーーーーーイ」の甲高いコールでおなじみの白井一行審判員のユニフォームが6万5000円で落札された。

 夜な夜なワインを片手にソファーに腰掛け、しっぽりとユニフォームを眺める。そんな至福の時を過ごしたいと願うファンは今から財布の準備を!

(文=落合初春)

スマホマガジン『週刊野球太郎』
黒田や松坂ら、メジャー出戻り選手を応援!「メジャー出戻り選手を合否判定」、「タイツ先生のメジャー出戻り選手フォーム徹底解剖」、「メジャー出戻り選手たちが残した伝説」を連載中! 『高校野球&ドラフト候補選手名鑑』では、センバツで活躍した球児インタビューや野球部訪問を予定!
公式サイト/スマホマガジン『週刊野球太郎』
【関連記事】
「【プロ野球】侍ジャパンチャリティーオークション、最高落札金額の選手とは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、野球太郎プロ野球スポーツスポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧