【プロ野球】「目の愛護デー」に振り返る、目のトラブルと戦い続けた名プレーヤー・井端弘和伝説

デイリーニュースオンライン

目のトラブルと戦い続けた名プレーヤー・井端弘和伝説
目のトラブルと戦い続けた名プレーヤー・井端弘和伝説

10月10日は「目の愛護デー」。「10・10」を横にすると人の顔の目と眉に見えるからだ。1931(昭和6)年に失明を予防する運動として「視力保存デー」が定められたことに端を発する、歴史ある記念日だ。  今季、セ・リーグを制した広島の立役者のひとり・松山竜平は、春先から突然、度入りメガネを着用したことが話題となった。昨季より1割5分以上打率が上がったのも、視界が開けたこととは無関係ではないだろう。  松山のよう...

「【プロ野球】「目の愛護デー」に振り返る、目のトラブルと戦い続けた名プレーヤー・井端弘和伝説」のページです。デイリーニュースオンラインは、井端弘和野球太郎プロ野球スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧