「投手増田」で猛バッシング!原監督と大物OBの修復不可能な“遺恨”とは?

Asagei Biz

原辰徳
原辰徳

「セットポジションの投球では、きちんと静止していなかったので、いつボークを取られるんじゃないかとヒヤヒヤしましたが、結果的には打者3人に投げて1四球に抑えたのだからアッパレな投球内容だったのではないでしょうか」 球界関係者が振り返るのは、8月6日の阪神戦で急きょマウンドに立った野手・増田大輝の投球内容だ。この日は4点ビハインドの8回に登板した中継ぎの堀岡隼人投手が大乱調。満塁ホームランを含む7失点と、...

「「投手増田」で猛バッシング!原監督と大物OBの修復不可能な“遺恨”とは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、増田大輝堀岡隼人伊原春樹堀内恒夫原辰徳スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧