100店舗から5店舗に…「東京チカラめし」を閉店ラッシュに追い込んだ要因は?

Asagei Biz

東京チカラめし
東京チカラめし

2011年6月に誕生した牛丼チェーン「東京チカラめし」の第1号店である池袋西口店が10月30日をもって閉店することが明らかとなった。焼き牛丼を武器に一時は100店舗以上を展開していたが、池袋西口店の閉店により残り5店舗となる。同チェーンが急速に衰退した理由はどこにあるのだろうか。「東京チカラめし」は、居酒屋「東方見聞録」や「月の雫」を手掛ける三光マーケティングフーズが運営。1号店オープン時には、牛肉を“焼く”と...

「100店舗から5店舗に…「東京チカラめし」を閉店ラッシュに追い込んだ要因は?」のページです。デイリーニュースオンラインは、三光マーケティングフーズ月の雫焼き牛丼東方見聞録東京チカラめし社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧